2019年11月15日 最終更新
184位

あらすじ

ムスブさんとの距離を縮めたい・・・のに。 同じ職場で働く理系女子・ムスブさんに好意を寄せる砂上君。 だが”コンドーム”を取り扱う会社で働く影響で、 ついナチュラルセクハラを連発してしまう・・・・・・ 「そ、そんなつもりじゃないんですっ!」もむなしく・・・ しかしそんなある日、社内のあるプロジェクトをムスブさんと一緒に担当することに! これは大チャンス・・・!? はたして砂上君はムスブさんとの距離を縮めることができるのか・・・!? 大人気作家・モリタイシが描く 「理系女子とのむずむずラブコメ」最新刊! 【編集担当からのおすすめ情報】 ムスブさんめちゃくちゃ可愛いです。 きっと好きになっちゃいます。 僕はもう大好きです。
191位

あらすじ

「簡単なことだ。あたしを殺せばよろしい」と騎士団長は言った。「彼」が犠牲を払い、「私」が試練を受けるのだ。だが姿を消した少女の行方は……。「私」と少女は、ふたたび出会えるのか。暗い地下迷路を進み、「顔のない男」に肖像画を描くよう迫られる画家。はたして古い祠から開いた世界の輪を閉じることはできるのか。「君はそれを信じたほうがいい」── 物語は希望と恩寵の扉へ向かう。
191位

あらすじ

雑木林の小径を抜けて、肖像画のモデルとなった少女が山荘を訪れる。屋根裏に隠された絵と「私」の描いた絵……パズルのピースのように、四枚の絵が一つの物語を浮かび上がらせる。谷の向かい側から銀色のジャガーで現れる白髪の紳士、奇妙な喋り方で主人公に謎をかける「騎士団長」。やがて、山荘の持ち主の老画家をめぐる歴史の闇も明らかになるが、真夜中の鈴は、まだ鳴り止まない──。
191位

あらすじ

2020年1月 テレビアニメ放送開始! えりぴよ/ファイルーズあい くまさ/前野智昭 基/山谷祥生 岡山県で活動する アイドルグループ【ChamJam】を 人生すべて捧げて応援する 熱狂的ファンがいる。 収入は推しに貢ぐので 自分は高校時代の赤ジャージ。 愛しすぎて ライブ中に鼻血ブーする 伝説の女【えりぴよ】さん! 推しが武道館のステージに立つ日まで! えりぴよの全身全霊傾けたドルヲタ活動は続くっ!! 6巻では…【ChamJam】が 香川県のアイドルグループ【ステライツ】と 「ツーマンライブ」をすることに!!
194位

あらすじ

何者かによって ”球”がこの地上に投げ入れられた。 情報を収集するために機能し、 姿をあらゆるものに変化させられる その球体は死さえも超越する。 ある日、少年と出会い、そして別れる。 光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ…… 刺激に満ちたこの世界を彷徨う 永遠の旅が始まった。 これは自分を獲得していく物語。 ノッカーの襲撃に備えた修行は、フシを新たな領域へ押し上げた。一方、ボンはフシには新しい仲間が必要と考え各地を回る。民を守るための準備を焦るフシだったが、そのためにはレンリルの信頼と協力が必要だ。戦うことは一人でできたとしても、守ることは一人ではできない。──決戦まで、残された時間はあとわずか。これは共に戦う物語。
194位

あらすじ

エッセンシャル思考は、単なるタイムマネジメントやライフハックの技術ではない。本当に重要なことを見極め、それを確実に実行するための、システマティックな方法論だ。エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。時代はすでにその方向へ動きだそうとしている。99%の無駄を捨て1%に集中する方法!