2019年11月15日 最終更新
224位

あらすじ

WBA・IBFの世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥が、 11月7日に控えるWBSSの決勝を前に、 自身の思考、肉体、メンタル、モチベーション、 そして未来について書き下ろしたボクシング選手初の自己啓発書。 「勝利をデザインする」ための試合前の準備、強い心の作り方、 勝負アイテム、早期KOを量産する秘密などを、包み隠さず明かしていく。 自ら「僕は天才ではない」と書いた「モンスター」は、 「勝ちスイッチ」をどこで押すのか?  秘訣を書き明かす中で「24時間ボクシングのことは考えない」 「敗戦のイメトレをする」「リングに命をかけない」 「一流を真似る」「ボクシング生活のゴールは決めてある」など、 そのイメージからはやや意外とも感じる思考・メソッドが漏れる。 世界3階級制覇の絶対王者が教える実践術は、 それぞれの世界で戦う読者の勝利をも引き寄せること間違いない! 【章構成】 1Round 勝利スイッチ 2Round 決戦スイッチ 3Round 思考スイッチ 4Round 肉体スイッチ 5Round モチベーションスイッチ 6Round 最強スイッチ 7Round 未来スイッチ
229位

あらすじ

片思いしていたいとこの大輔を追いかけて、祖父の和菓子屋を継ぐことになった桜子。家の前で倒れていたイケメン・カイと出会い、3人の共同生活が始まることに…。「オレのこと好きなの、やめんな」大輔が桜子にキスを…!?そして謎が多いカイの秘密が明らかに。年上の初恋の相手か、ミステリアスな年下男子か。2人の男から同時に迫られて、オクテなアラサー女子、大混乱!?超刺激的ひとつ屋根の下LOVE!
229位

あらすじ

生き難い世の中をいかに豊かに、楽しく生きるか―― 公務員を辞め、新規就農して平飼い養鶏をはじめた家族の、楽しくも悪戦苦闘の日々が描かれます。 著者は宮崎県北浦町にて松原農園を運営し、「松原農園通信」という小冊子を2013年3月から毎月発行しています。 本書には、養鶏や稲作、自然農法など農業に関わるものをはじめ、子育て、教育、家族と地域との連携といった、幅広く暮らしに関わるものなど、5年にわたって重ねられた著者の思考と実践の軌跡が、エッセイという形でまとめられています。
229位

あらすじ

「公認不倫」を選択した30代セックスレス夫婦のいちことおとや。 「恋人」美月との別れ話の最中に局部を刺されたおとやは、いちこにすべてを告白し夫婦の絆を確かめる。しかし、おとやは美月の言葉が呪いとなってセックスができない。そんな中、いちこの風俗体験がおとやにばれて二人は口論になり、傷ついたおとやは家出をする。そして赤ちゃんプレイの風俗店で、EDの恐怖や自信喪失、妻への怒り、嫉妬など誰にも言えなかった悩みを風俗嬢に語るが…。一方、美月は志朗との間に新しい命を授かり、不安を抱えていた。公認不倫の先にあるものは果たしてーー。夫婦はこの危機を乗り越えることができるのか。「結婚」とは何かを問いかける、各メディアで話題沸騰の意欲作!